禁煙車

普段は家の決まった場所、外出先ではタバコが吸える場所で、煙草吸います。喫煙者にとって、どんどん煙草が吸える場所が少なって行き、世間の目も結構厳しくなってきて、吸いズライ感じがありますが、自分なりにきちんとマナーは守っているつもりです。

 

吸いたいとしても、禁煙場所では絶対吸わない。これ当たり前だと思うけれど、かなり酷い人が多いのが現状。千代田区や他禁煙とされている所なのに、平気で煙草を吸いながら歩き平気で吸殻を捨てる。そんな人を目にすることが多い。今の世の中、下手に注意をして、正しい事をしているのにもかかわらず、自分が被害者になってしまう事が多いから、思っていても注意もできない。そうゆう人はそれを分かっていてやっているんだと思う。同じ喫煙者として、そうゆう輩がいるから、余計白い目で見られると腹立たしくなる。

 

常識として、人ごみの中での喫煙は危険だから、特に子供は小さいので煙草の火が当たる可能性もある。喫煙者の自分が思うのもおかしな話だが、危険を及ぼすような行為は禁止すべきだと思う。
話がそれてしまったけれど、変にこだわる自分は、愛車は禁煙車なのです。狭い凸凹した空間なので煙草の灰が飛んだりすると掃除が大変なのと、彼女が嫌がるのが悲しいかな理由です。